プログラミング学習やフリーランスエンジニア情報を発信していきます。現役フリーランスエンジニア2人で運営してます!

  1. フリーランス

実際にレバテックでフリーランスになったエンジニアが語る【禁断㊙︎裏情報??】

最終更新日:2019/05/30


どうもフリーランスエンジニアのぞえです。
当記事では元IT土方だった僕に最高の条件を提示してくれたレバテックについて解説していきます。(時給が3倍以上になりました)

実際に使ってみたリアルな感想も交えているので、フリーランスになるか悩んでいる人の参考になれば幸いです。
実際に使ってみないとわからない

  • レバテックの福利厚生
  • 入ってからのサポート
  • レバテックプラットフォーム

などがわかるように書いたので、フリーランスを目指している方は必見です。

レバテック公式サイトhttps://levtech.jp

レバテックとは?

レバテックは業界最大手と言われているフリーランスのエージェントです。
一般的なフリーランス案件や、常駐型のフリーランスの案件を数多く保有しています

業界最大手なので、豊富な職場から登録したら自分にあった案件を紹介してくれるのがレバテック最大の強みです。

週2,3勤務や、高単価、自宅から近い、リモートOKなど本当に様々な案件があります。
実際に僕が参画した時も予想以上の提案をして頂く事ができました。

さすが業界最大手といった感じで、それから紆余曲折ありつつも実務経験の浅い僕でも実際にフリーランスになる事ができました。
ここからは僕がレバテックを利用してフリーランスになるまでの経験、感想を書いていきます。

レバテックの評判や仕組みなどについて、詳しくは以下の記事にまとめてあるのでどうぞ!

実際にどういった案件を紹介して貰えるかはレバテックフリーランスのページを見ればわかりますが、平均年収872万円とのことで、どれも高単価のものばかりです。

どうして最初レバテックに

僕は実はレバテックに登録する前に、レバテックではないエージェントにも登録していました。
複数エージェントを並行して使ったところ、レバテックが一番いい条件を提示してくれたのでレバテックで初めての参画が決まったというわけです。

ですので、最初に参画が決まったのがレバテックというわけで、他にも登録したエージェントはたくさんありました。

以下の記事を見ていただけるとわかるのですが、結構無駄な面談に行ってしまったこともいっぱいあります泣

ですので、大外れのない。レバテック並みに評判のいいエージェントを紹介しておきます。
ここから選べばまず大丈夫です!今僕が登録している中でオススメのエージェントです。
もちろんレバ様もオススメであります。

面談はどんな感じ?

レバテックにいったのは熱い夏の日のことでした。
1時間前行動という事で、早く渋谷につきすぎた僕は汗でベトベトになっていました。
そんな僕を迎え入れてくれた場所は、なんと渋谷駅南口を出てすぐのヒカリエ。
さすがレバ様ですね。
空調もバッチしでした。

レバテック 所在地

ヒカリエに入ったら入館の手続きをして、ゲスト用のカードをもらい、レバテックの本社へと向かいます。
もちろん高層階、味わったことのない景色を体感した僕の気分は完全に上級国民でした。

待合場所で自分の名前を入力しドヤ顔で待機。
すぐに、案内をしてもらいました。
事前に知っておきたい項目を、記述して担当の人が来るのを待ちます。

以前の僕は、エージェントなんてどうせプログラムできないんでしょ?とイキってみたり、
本当に紹介して貰えるか不安に思っていたのですが、その不安は一瞬で吹き飛びました。

なんと、僕の担当は美女だったのです!!!!
テンションが上がりました。
え、こんな事あっていいの!?

ぞえ
ぞえ

僕の友人の担当はイケメンだったとのこと。

そして、噂のレバテックウォーターを渡されたら面談がスタートです。

レバテックの面談ってどんな感じ?

レバテックの面談は相当楽しいものでした。
なんでかというと担当のお姉さんがかわry

一通り手続きを済ますと、担当の方が来てくれるのであとは担当の方のエスコートに従うのみです。

何ができるかや経歴を丁寧にヒアリングしてもらいました。
担当の方は、ヒアリングをして営業用の資料(ポートフォリオ)を作成してくれます。

スキルや経歴、稼働開始できる日について聞かれるので正直に答えていけばOKです。

スキルや経歴のヒアリングが終わると、希望条件のヒアリングが始まります。
僕は当時、Angularというフレームワークを勉強していたので、Angularを使えるところかつ渋谷から近いところとお願いしました。

そんな感じで、15分ぐらい話して終わり。
そして、最後にラインIDなどを記入し(完全に逆ナンです)レバテックプラットフォームに関する資料をもらいって帰宅しました。
あとは、希望条件を元に担当の方がこのお仕事どうですか?などといった提案をしてくれるようになります。

最後に、だいたいレバテックを利用しているのはなん歳ぐらいの方が多いか聞いてみたところ、30代前半から40代が多いけれども20代もたまにいる。とのこと。

エレベーターで最後までお辞儀をしてお見送りしてもらったのですが、僕はそういった経験が一度も無かった為テンションはうなぎのぼりでした。

レバテックプラットフォーム これがモスとオブざ最強

レバテックプラットフォームの裏情報

早く、早く、早くフリーランスになりたいんだぁぁぁあぁあぁあぁ〜
そうだ、早速レバテックプラットフォームにログインしてみよう。
と考えた僕は、帰宅してすぐにレバテックプラットフォームにログインしてみました。
すると、なにやら案件を探すというメニューがあったので、それをクリックします。
絞り込みができるのでポチポチ万円以上Angularと調べました。

これが、レバテック会員限定、裏情報か〜!!!!
というぐらいAngularの案件がありました。

ここからは、行動あるのみです。
行きたいところ全部に面談の申し込みをしました。

しかし、これはやる必要のない行為でした…
というのも担当の方が優秀で、更にいい案件を紹介してくれたからです。

これ、、、絶対コーディネーター専用裏情報あるやろおおお!!!

初の勤務先との面談 ストーリー風

真夏の暑い日。ぞえまるxは朝一でABCマートに駆け込んだ。
というのも、初めての面談があるからだ。
僕はフリーランスエンジニア….

レバテックでは3種類の担当が徹底サポートしてくれます

ここからは、少し真面目にレバテックの良さを伝えて行きます。
レバテックでは、担当の方が3パターンに分かれます。

  • 本社担当
  • 面談担当
  • 参画してからのサポートの担当

本社担当の方が、案件探しを手伝ってくれる方。
面談担当が案件の面談に付いてきてくれる方
参画してからの担当は、初回に付いてきてくれその後の条件交渉をしてくれる方です。
参画してからの担当者は、1ヶ月に1回悩み等があればランチに付いてきてくれる。
などとおっしゃっていたので、レバテックのサポートは半端ではないです!

レバテックの底力、福利厚生

レバテックで自社開発案件に参画してほどない頃に、何かが家に届きました。。。

謎のカード。
そこには、riroclubの文字……

何かと思って調べてみると、めちゃめちゃお得なカードでした。
そして、それをくれたのはなんとデデデで〜ん!!

レバ様

どうやらリロクラブとは、圧倒的にお得に旅行に行けたりする特典をくれるカードだったようです。
調べて見たのですが、映画が爆安だったり、旅行が激安になるプランがありました。
もちろん僕はアホなので使いこなせませんでしたが…..

レバテックさんのサポートのもと面談

実際に参画が決まるまでに、僕はレバテックさまをけつもちに3回の面談を行いました。
途中でくじけそうにもなりましたが、諦めずに就職活動を続けてよかったです。

レバテックの面談の担当の人が、面談の感じとアドバイスをしてくださったのでなんとか無事に参画をすることができました。

面談の詳細はこちら

参画してからは?

参画してから特にお世話になったのが、レバテックプラットフォームの請求書作成欄です。
何時に会社に到着して、何時に会社から出たかを記入しておき、月末に申請ボタンを押すだけで、レバテックが参画先企業の代わりに振り込みをしてくれます。
振り込みも当時は業界最速だったのを覚えています。

レバテックまとめ

僕がフリーランスエンジニアになったのはレバテックに登録して面談を受けに行った事がきっかけでした。
レバテックでの面談を受けた際に、自分の適正な市場価値をしっかりと把握できたのはとても嬉しかったです。
面談にいくことで、自分の市場価値はいくらぐらいなのかというのがしっかりとわかるので、フリーランスになりたいという方は一度面談をするのがオススメです。
自分のできる技術や経験をベースに、大体貰える金額が大体わかるのですが、多くの場合は、「え?こんな貰えるの?」と思う事が多いと思います。
レバテックで面談にいっても参画時期は融通が効きますし、いきなり転職の準備をする必要性があるわけでもないのも良いところでした。

ですので、フリーランスエンジニアになりたいと考えている人はまずはレバテックで面談をしてみるのがオススメです。

レバテックでフリーランスになってからその後

現在では複数のフリーランスエージェントに登録して現場を転々としています。
というのも、複数のエージェントに登録した方が自分にマッチした案件を獲得しやすいということに気づいたからです。
まずは、レバテックで面談をするだけでも勿論いいのですが、余力のある方はエージェントを最大限に有効活用する記事も書いたので是非ご覧になってください。

僕の現在利用しているエージェントはこちら

フリーランスエージェントを有効活用する方法に関する記事

The following two tabs change content below.

ぞえ

実務未経験から1年でフリーランスエンジニアになって給料が6倍になった男/アル中の記憶ない系/しかも190cmの巨人。今は週3勤務しながら@ryudoi1と当メディア運営中 詳細なプロフ ぞえのプロフィール!! Twitterアカウント Twitter 技術系の雑談や、質問の行える無料サロンもやっています。 windii social

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP