プログラミング学習やフリーランスエンジニア情報を発信していきます。現役フリーランスエンジニア2人で運営してます!

  1. フリーランス

客先常駐SESが辛いなら早めに対策を打とう【転職も要検討】

最終更新日:2019/04/27

客先常駐とGoogleで調べるとレコメンド一位が地獄、辛いや派遣と同じ違法などといったネガティブワードが多く表示されます。

この記事では客先常駐で辛い思いをしている人の為に、辛い職場から逃れる方法をわかりやすくまとたので、自身がどうするべきかということを真剣に考えていきましょう。

なぜ客先常駐が辛いか考えてみる

まずは、どうして客先常駐が辛いかを考えて実際に書き出してみましょう。

給与が低い
稼働が多い
残業が多い
障害対応が辛い
客先と合わない
会社の上司と合わない
職場が転々するとするのが嫌
スキルが付きにくい

など色々な理由があると思います。
全部書き出すと、自分がどうするべきか見えてくるはずです。

多くの場合取るべきアクションは

  • 上司に相談
  • 転職の検討

になるでしょう。
一つずつみていきましょう。

上司に相談が必要な場合

障害対応が辛い/客先と合わないなどの不満だけの場合はまずは常駐先を変えて貰えるように、上司に相談してみましょう。

常駐先を変えて貰える場合があります。

SESでの常駐は辛いことも多いですが、現場によっては楽なこともあります。

実際に僕の友人にも常駐先を変更してもらい辛そうだった時と比べて、圧倒的に楽しそうに仕事をしています。

常駐先に対する不満だけではなく所属会社に対して不満が募っている場合もまずは上司に相談してみてください。

一見すると転職しないと改善しなさそうな必要性な悩み。給料/スキルアップできない等も改善する場合があります。

転職の検討

上司に相談ができない。もう懲り懲り。といった方は転職について考えてみましょう。
IT業界は圧倒的人材不足ですので、転職すると多くの場合給与もアップします。

実際に私の話をさせて貰うと、1年ほどの実務経験を積んで転職をしたところ給料が2倍以上になりました。
最初の3年は同じ企業で勤めるべきとか、こんな早くやめてしまっていいのだろうか?などと思った事もありましたが、転職をして人生が大きくいい方向に変わりました。

きっかけとなったのはレバテックというITエージェントで面談をした事です。
無料で転職先の候補を提案してもらえますし、すぐに勤めていた職場をやめる必要性もありませんでした。
転職を検討している方にはとてもオススメです。

SESからおすすめの転職先

転職に成功しても、同じようにスキルアップを目指せる職場でなかったり給与が変わらないなんてことは絶対に避けたいですよね。

そこで、おすすめなのが自社開発企業です。
いきなり自社開発企業と言われてもなんの事やらサッパリの方が多いと思いますのでご説明します。

自社開発企業とは、サービスを全て自社で作り、そのサービスを元に利益を出している企業の事です。
有名どころだと、メルカリ、ライン、クックパッドなどがありますね。

そんなところ、優秀なエンジニアじゃないと行けないのではないかと思うかもしれませんが安心してください。
意外と自社開発企業は多いので、ある程度のスキルさえあれば簡単に転職することができます。

自社で開発していることのメリットがわかりやすくなるように、自社開発企業とSESの違いをテーブルにまとめてみました。

給与 職場 評価 技術
自社開発企業 実力 本社 自社での評価 選べる
SES 実力+年齢 客先 客先での評価 現場によって異なる

1つ1つの項目について詳しく解説します。

自社開発企業の給与

SESの場合でも当然実力もありますが、若手の時期はあまり給料が大幅に伸びることは少ないです。
ですが、自社開発企業の給与は実力が重要視されるので若くても実力さえあれば年収1000万円〜が狙えます。

最近ではサイバーエージェントの取り組みやZ0Z0タウンの取り組みなども話題になりましたが、それらは全て自社開発企業です。

サイバーエージェントも「優秀なエンジニアを能力に応じて評価しよう」と、2018年4月入社の新卒入社のエンジニアを対象に、一律の初任給の給与体系を廃止した。初任給の年棒が一律450万円〜だったのに対し、エキスパート認定されれれば720万円〜に上がるという。

僕の実体験も語らせて頂くと、自社開発企業に転職し月収が2倍以上になり、今では週3日で月50円以上稼ぐことができています。

以下の記事ではSIerとではありますが、Web系企業(自社開発企業)との比較記事を書いています。SESと似通った部分も多いと思うので是非参考になさってください。

SESと自社開発企業の職場の違い

SESは客先によって勤務先が変わりますが、自社開発企業の場合、職場が変わることがありません。
職場が変わらないので、会社の近くに住んだりすることで通勤の負担を減らすことができます。
職場が変わらないと帰属意識が付きやすく楽しく仕事ができるのでそこもいい点かなと。
逆にSESには多くの現場を見ることができるというメリットもあります。

SESと自社開発企業の評価の違い

SESだと客先の満足度が評価に大きく関わってきますが、自社開発企業だと評価が会社での活躍のみになります。
この上下関係を感じることが少ないのはメリットです。

SESと自社開発企業の技術要件の違い

SESは現場毎に採用している技術が違うので、浅く広い技術力がついていくので市場価値が上がりにくいです。
ですが、自社開発企業の場合は就職する際にベンチャーを選ぶと非常にモダンな環境でスキルを高めながら働くことが可能です。

ただし、自社開発企業で技術要件が低い、古い技術を採用しているところで働いてしまうとスキルが伸びることはありません。
ですので、自社開発企業だからと飛びつくのではなく、しっかりと就職したい企業を調査しましょう。

自社開発企業に転職するためには?

自社開発企業に転職する方法は非常に簡単です。
スキルがあるなら転職エージェントに登録してまずは面談をしてみる。
スキルがないならばスキルをつければいいからです。

まずはスキルがある場合についてお話してみます。

スキルがある場合は簡単に転職ができる。

SESでエンジニアとして働いて、一般的な技術力を持っている場合は転職エージェントに登録して面談に行きましょう。

SESとして働いていたエンジニアの方にも、フロントエンドやサーバーサイド、インフラからネットワーク系など様々な種類のエンジニアの方がいると思います。
どの職種であれ、実務経験が2年ほどあれば今の職場より好条件な転職できる可能性が非常に高いです。
まずは、転職エージェントに登録/面談をしましょう。
すると、自分の市場価値がはっきりとわかります。
僕は給与が2倍以上になったのですが、多くの場合、現状より条件のいい職場の提案をして貰うことができます。

以下に評判がいいものや、実際に私の利用した転職エージェントを紹介しておきます。

  • レバテック 平均年収850万円OVER フリーランスエージェント
  • Midworks 安心保証のついたフリーランスエージェント
  • geechs  フリーランスエージェント 対応、サポートがいいことで有名
  • WorkPort IT特化転職サイト
  • Techclips 正社員転職 700~800の層が厚く 500万以上が82%

適正な市場価値より安く買われてしまう可能性がある為、複数個以上登録するのがオススメです。

フリーランスと正社員転職どちらがいい?

フリーランスエージェントと正社員転職を合わせて紹介してしまったので、わかりやすいように両者の違いをそれぞれの特徴をテーブルにまとめました。

給料 社会保障 スキルレベル 安定感
フリーランス 高い800万〜 少ない 普通よりあればいい 人による
正社員 普通 普通 ピンキリ 抜群

IT業界はエンジニア不足が激しいので、フリーランスとして働くと思った以上の高収入を獲得することができます。
しかしながら、フリーランスは極端に実力不足だと仕事が獲得しづらいのも事実です。

ですので、これからバリバリスキルをつけながら活躍したい人 → フリーランス
安定を保ちながら、年収UPをしたい人 → 正社員転職がオススメです。

実務経験は思っている以上に評価されます

先ほど紹介したエージェントはだいたいどれも高収入の案件を紹介してくれます。
サイトにいって、そんなに高単価な仕事ができるほどのスキルがないと思った方も多いかもしれません。
ですが、高収入= スキルレベルが高いという訳ではありません。

実際に僕もHTML.CSS.JavaScriptができて、新たにAngularというフレームワークを勉強し始めた、完全に背伸びをした状態でフリーランスに転職をすることができました。

そして、面談をやっていて思ったのですが、実務経験はその技術ができることの裏付けとして非常に評価されるということです。
ですので、実務経験のある方はまずは思い切って転職エージェントの無料面談を受けてみると意外にすぐ仕事を紹介してくれると思います。

正社員転職がしたい場合

正社員として転職したい場合にオススメなのはTechclipsWorkPortがオススメです。

WorkPortはIT業界全般。TechClipsはIT業界の高収入に特化した転職サービスです。
馴染みがないという方も多いとは思いますので1つ1つご紹介します。

IT業界で高収入な正社員転職をしたいならTechClips

テッククリップス
Techclipsは高収入の正社員転職に特化したエージェントです。
高収入だけあって、実際にTechclipsを用いて転職したエンジニアの82%が500万円以上となっています。
ボリューム層は700~800万円で1,500万円クラスの求人も正社員で目指すことが可能ですので、高収入な正社員になりたい方は要チェックです。

実際の紹介先企業の一例があったのでここに載せておきます。

Techclipsオススメ

そんなTechclipsには高収入なだけでなく様々な強みがあるのですが、特にすごいのが、エージェントの担当の方が元エンジニアだということです。

元エンジニアの方に担当してもらうと、適切な市場価値で売り込んでもらえるので嬉しいですよね。

そんないいとこずくしのTechClipsですが登録も面談も無料です。
高収入正社員になりたい方はTechclipsを利用しましょう。

ITの正社員転職ならWorkPort

WorkPort

WorkPortは今では総合型の転職サービスになりましたが、元はITに特化した転職サービスでした。
なので、WorkPortはIT転職にとても強いです。
WorkPortは年収のレンジにはかなり幅がありますが、数多くある雇用形態の中で、正社員雇用が80%を超えています。
今よりいい条件の会社に転職したい!という方にはWorkPortがオススメです。

初回面談を済ませると、専用サイトで自ら求人を探すことが可能になるのでまずは面談をしましょう。
Techclipsより気軽に使うことができます。

フリーランスエンジニアになり高収入を目指す


僕がオススメなのがフリーランスエンジニアになり高収入を目指すというルートです.
僕自身もそうなのですが、結構自由が効くという理由でフリーランスをオススメします。
僕は週3勤務で月50万程度稼いでいるのですが、結構楽しいです。

フリーランスを目指すのも正社員転職もやることは同じです。
面談にいく→ 参画できそうな企業を紹介してもらう→ 受かるまで面談
この3ステップを繰り返せば確実にフリーランスエンジニアになることができます。

別に転職の義務とかが発生するわけではないので、深く考えずまずは面談にいってみることを強くオススメします。
僕自身エージェント選びに何回も失敗して時間を無駄にしてしまっているので、圧倒的に優秀なエージェントを再度掲載しておきます。

  • レバテック 平均年収850万円OVER フリーランスエージェント
  • Midworks 安心保証のついたフリーランスエージェント
  • geechs  フリーランスエージェント 対応、サポートがいいことで有名

フリーランスエンジニアのエージェント選びの完全版の記事を用意しましたので気になる方は是非ご覧になってください。

別にIT系じゃない就職先を検討するのもあり

今はエンジニアバブルで超売り手市場ではありますが、もしかするとエンジニアという働き方が向いていないという可能性も考えられます。
向いていないところで努力をするよりは、自分の才能がある分野で努力をした方がいいですよね。

ですので、プログラミングが合わなかったという方は、思い切ってIT系以外での転職に挑戦しましょう。

今の会社で荒波を立てず転職するには?

今の会社は辛いけれど、契約期間が決まってしまっていて転職をするタイミングが見当たらないという方も多いと思います。
完全に荒波を立てずにやめるのは非常に難しいですが、会社には退職を拒否する権利はありません。
ですので、思い切って転職活動を初めてしまいましょう。

稼働開始日などは、どの転職エージェントでも融通してくれます。
切りのいいところで、引き継ぎ作業等を済ませてから転職できるのが理想的ですね。

会社に行かずに退職するという選択肢もあります。

あまりオススメできない方法ではありますが、最近では退職代行サービスというものが流行っています。

その中でも有名なのが、退職代行EXITです。
何がすごいかって、お問い合わせをして50,000円を振り込んだら2度と会社に行く必要もなくスパッとやめられることです。
明日行きたくない、やーめよ。って世界です。

退職代行Exit

本当に辛い人は利用を検討してみてもいいかもしれません。

IT転職をしたいけど、スキルがない場合

IT転職をしたいけれど、客先でスキルが分散しすぎて、一般的なエンジニアとしてのスキルがないという場合もあるかもしれません。
そういった場合にはプログラミングスクールに通うのがオススメです。
プログラミングスクールのいいところは、働きながら通えるコンセプトのものが多く学習完了率が高いという点です。

独学だと挫折率が高く結局スキルが身につかなかったということも多いので、スキルがないという方はプログラミングスクールに通いましょう。
最近では、転職保証付きのプログラミングスクールがあり、自社開発企業への転職も数多く観測されています。

以下にオススメのプログラミングスクールをあげておきます。

  • オススメナンバー1TECH::EXPERT  転職成功率98% 月額29,800~ 返金保証あり
  • オススメナンバー2GEEK JOB 無料面談・転職コース完全無料・最短22日
  • オススメナンバー3TECH ACADEMY 転職後平均年収67万円アップ 約3ヶ月

就職サポート付きの、働きながら通えるプログラミングスクールをまとめた記事はこちら

SES(客先常駐)企業から脱却する方法 まとめ

スキルがある場合は複数エージェントに登録する → 面談を受ける → 受かるまでやる。→ 内定先見つかり次第退職。
スキルがない場合はプログラミングスクールに通う。もしくは思い切って違う業界に飛び込んでみる。

両方の場合の厳選リンクを置いておきます。

スキルがある

  • レバテック 平均年収850万円OVER フリーランスエージェント
  • Midworks 安心保証のついたフリーランスエージェント
  • geechs  フリーランスエージェント 対応、サポートがいいことで有名
  • WorkPort IT特化転職サイト
  • Techclips 正社員転職 700~800の層が厚く 500万以上が82%

スキルがない場合

  • オススメナンバー1TECH::EXPERT  転職成功率98% 月額29,800~ 返金保証あり
  • オススメナンバー2GEEK JOB 無料面談・転職コース完全無料・最短22日
  • オススメナンバー3TECH ACADEMY 転職後平均年収67万円アップ 約3ヶ月

この記事を読んで、へーそうなんだと思うだけではただの情報収集でSESから脱却することはできません。

私ももとはIT土方として働いていたのですが、今は週3フリーランスとして月収50万円以上稼いでいます。

どうして、ここまで来れたかというと、やはり思いきってレバテックの面談に行ったからです。
正直あの時思い切ってレバテックに登録していなければ、今でも辛い辛いと愚痴をこぼしながら働いていたかもしれません。

SIerの末端とSESではバックグラウンドが多少は違いますが、やるべきことは同じ。
思い切って飛び込んでみる。
それが唯一の辛い環境から唯一脱却できる方法です。

少しの行動で世界は変わります。

The following two tabs change content below.

ぞえ

実務未経験から1年でフリーランスエンジニアになって給料が6倍になった男/アル中の記憶ない系/しかも190cmの巨人。今は週3勤務しながら@ryudoi1と当メディア運営中 詳細なプロフ ぞえのプロフィール!! Twitterアカウント Twitter 技術系の雑談や、質問の行える無料サロンもやっています。 windii social

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP