プログラミング学習やフリーランスエンジニア情報を発信していきます。

  1. フリーランス

フォスターフリーランスの評判や利用するメリットは?現役エンジニアが実際に利用してみた感想

最終更新日:2019/10/24

今回は現役フリーランスエンジニアの私が、フォスターフリーランスを実際に利用して案件を探したのでそれらについて詳細に解説していきます。
フォスターフリーランスの評判や口コミ利用方法などを知りたい方は是非、読んでみてください。

フリーランスエンジニアとして活動したい。案件を探しているという方の参考になれば幸いです。

登録して絶対に損のないフリーランスエージェントですので、まずは登録してみてみたいといった方はこちらからご覧になってください。

フォスターフリーランス
https://freelance.fosternet.jp

フォスターフリーランスとは

株式会社フォスターネットが、20年以上にわたって運営している、優良案件が常時5,000件以上、登録者15000人以上の安心感抜群のフリーランスエージェントです。IT業界内で築いた強力なコネクションと、IT業界を長年に渡って経験してきたコーディネーターを武器に、長年の間フリーランスエージェント界で存在感を示しています。

また、取り扱うジャンルも幅広いのが特徴です。
新しい技術を磨きたい人にはWeb系、ゲーム系などの案件を紹介してくれますし、大規模開発を経験したい人にはプライムSIerなどの案件も紹介してくれます。

フォスターフリーランスはどういう人に向いている?

実際にエージェントに登録すると、参画できる企業の一部を検索することができるのですが、絞り込み機能を使ってどのような技術の案件が多いか調べてみました。2019/10/23

以下多い順にまとまっています。

  • Java 163件
  • Linux/Unix 122件
  • JavaScript 94件
  • PHP 70件
  • .NET(VB/C#) 47件
  • iOS/Android 40件
  • Python 36件
  • Ruby 35件
  • Oracle 32件
  • C/C++ 21件
  • VB/VBA 12件

見ていただけるとわかるのですが、フォスターフリーランスは運営歴20年ということもあり、他のエージェントと比べて歴史の長い技術要件の求人が多数あります。
ですのでフォスターフリーランスはベテランの方にあっているエージェントと言えるでしょう。

もちろん、Pythonの機械学習などのモダンな技術を利用した高額案件もありますので、モダンな技術をやりたいといったかたも一度案件情報を探してみるのがおすすめです。

フォスターフリーランス利用の流れ

今回私は、早めに案件を獲得することができなかったので、案件を紹介してもらう間口を広げるためにフォスターフリーランスを利用しました。

利用の流れとしては以下の通りです。

公式サイトより会員登録

以下の公式サイトから、必要情報を入力して会員登録を行なってください。

フォスターフリーランス
https://freelance.fosternet.jp

任意ではありますが、職務経歴書のアップロードができますので職務経歴書がある方は提出しておくと案件を紹介してもらうスピードが早くなるのでアップロードしておきましょう。
勿論、職務経歴書がないという方はアップロードしないで大丈夫なので安心してください。

特に難しいことはありませんので、だいたい1分ぐらいで登録することができます。

担当の方から電話でヒアリング

フォスターフリーランスに登録すると、2営業日以内に電話がかかってきてヒアリングが行われます。
そこでは、希望給与などの希望条件を聞かれるので事前に自分の中で条件を決めておくとスムーズです。

条件に関してはこのようなものです。

  • 希望給与(人日/人月)
  • 自宅から何分以内か
  • 希望参画日数
  • 就業形態(フリーランス/派遣/正社員等)

この他にも、業界や業種。
どういった業務内容を行いたいか、NGな企業なども丁寧に聞いてくれます。

このヒアリングを元に求人情報を紹介してくれるので、しっかりと決めておきましょう。

ヒアリングを終えた後すぐに確認メールも届くので、安心です。

職務経歴書の送信

マッチした求人の紹介を受けるにはヒアリングを終えて職務経歴書を送る必要があります。
職務経歴書は、参画する上で非常に重要なので、フォスターネットの書き方を参考にしてしっかりと書くのがオススメです。
職務経歴書については、事前に作成していなくてもフォスターネットフォーマットの職務経歴書が用意されているので安心してください。



フォスターフリーランスの職務経歴書のアップロードは本来Excel形式かword形式でないといけないのですが直接メールでPDFを送るという形でも大丈夫でした。

フォスターフリーランスを利用するメリット

フォスターフリーランスを利用するメリットについて記載していきます

運営歴20年からくる案件の幅広さ

一般的なエージェントの場合ですと、比較的新しい技術しか取り扱っていないということが多いです。
ですが、フォスターフリーランスはその歴史の長さから、古い技術からモダンな技術まで幅広い技術要件の企業を紹介してもらうことができます。

特にVBAやJAVAなどの求人を数多く保有しているいフリーランスエージェントというのは少ないので、それらの技術が得意という方には大きなメリットです。

エージェント面談にいく必要性がない

フリーランスエージェントによっては、エージェントとの直面談を挟むケースが多いですが、フォスターフリーランスではそのような煩わしいことはありません。
エージェントに直接出向くことなく、電話だけでヒアリングを行ってくれのでスピーディーに案件を紹介してもらうことができます。

対応が丁寧

他フリーランスエージェントでは、いつでも電話をかけてきたり、返信が遅くスピード感がないなどといったことがありましたが、フォスターフリーランスではそのようなことは一切ありませんでした。
ですので、私の場合、フリーランスの案件紹介まで効率よく話を進めることが出来ました。

希望条件や、電話をかけないでほしいなどを電話にて伝えればそれに合わせて対応してくれる柔軟さもメリットと言えます!

フリーランスだけではなく正社員/派遣もOK

フリーランスに限らない働き方が選べるのは大きなメリットです。
基本的にはフリーランスでの単価が表示されているのですが、正社員として参画したいなど場合に応じて柔軟な選択ができます。

サポートが豊富で参画スピードが早い

フォスターフリーランスは20年の運用歴ということもありサポートが非常に手厚いです。
イベントやセミナーを定期的に開催している以外にも、web上でフリーランス成功ガイドと呼ばれる記事を見ることができます。
このフリーランス成功ガイドは、これからフリーランスエンジニアとして活動したいといった方の疑問の大半を解消してくれるぐらい手厚いものです。

スカウト営業を行ってくれる

フォスターフリーランスでは、マッチした案件を紹介してもらう以外の営業も代行してくれます。
職務経歴書を元に一斉に企業に対して希望条件と同時に送信して、それを元にスカウトを受け付けるということです。

スカウトされた場合、一般的な紹介とは異なり企業の採用に対する熱意が大きいので採用されやすいといったメリットがあります。
職務経歴書を元に、エージェント側が名前もイニシャルにしてくれるなど、個人情報保護に対する対策などをしてくれているというのは非常に好印象でした。

一般的にはグループ会社にスカウトされるケースなどが多いようです。

フォスターフリーランスを利用するデメリット

職務経歴書アップロードがexcelとword以外未対応

フォスターフリーランスを利用して一点のみ困ったのが職務経歴書アップロードの機能が限定的だということです。
自身で職務経歴書のpdfを持っていたのですが、フォスターフリーランスのアップロード機能ではwordかexcelしかアップロードできません。

しかしながら、担当の方に伝えたところpdfをメールで送るだけで大丈夫でしたのでご安心ください。
既存のpdfを私の代わりに編集して、営業をしてくれるといっていただけたのはさすがのサポートでした。

東京近郊以外での求人が少ない

非公開求人も多数あるのですが、web上で確認できる求人情報610件のうち576件が東京でした。
ですので、福岡や北海道大阪など、地方でフリーランス案件を探しているという方にはお勧めできません。

地方に強いエージェントとしては、 業界最大級のレバテックがありますので、地方でエージェントを探しているという方はそちらに登録するのがお勧めです。

レバテック公式サイト
https://levtech.jp/

フォスターフリーランスを利用する上での注意点

フォスターフリーランスに限ったことではないのですが、転職エージェントを利用する際には注意するべき点があります。
それは、ヒアリングで案件探しの並行状況を聞かれるのですが、そこで探していないといってはいけないということです。

理由としては、エージェント間での競争を発生させない限り本来得られるメリットが享受できないからです。

その本来得られるメリットとは,フリーランスが複数のエージェントで案件を探していると、エージェント側が自分のところで契約をしてもらおうといい条件で仕事を紹介してくれるというメリットです。
並行して探してないということがわかるとエージェントとしては、マージン率の高い案件を紹介してくることがあるので、最低限並行条件を聞かれた場合はあると答えましょう。

そのほかにも、複数エージェントを利用すると、リーチできる案件の絶対数を増やすことができるので複数のエージェントに登録するのがオススメです。

信頼できるフリーランスエージェントについては以下の記事でまとめましたので、参考になれば幸いです。

私自身今回の転職に際して以下のエージェントを利用しました。

まとめ

当記事を読んでいただきありがとうございました。
この記事を通してフォスターフリーランスについて少しでもわかっていただけたら嬉しいです。

フォスターフリーランスは、非常に合理的でスピーディーに案件を紹介してくれる素晴らしい転職エージェントでした。
この記事よりも更に気になる点等ありましたら、是非コメント欄よりご質問ください。
担当を通して、質問し当記事に追記します。

企業の紹介はもちろん、エージェントと話すと、自身の市場価値を客観的に把握することに繋がるので一度登録してみることをお勧めします。

フォスターフリーランスの詳細については、以下の公式サイトからご覧になってください。

フォスターフリーランス
https://freelance.fosternet.jp

The following two tabs change content below.

ぞえ

実務未経験から1年でフリーランスエンジニアになって給料が6倍になった男/アル中の記憶ない系/しかも190cmの巨人。今は週3勤務しながら@ryudoi1と当メディア運営中 詳細なプロフ ぞえのプロフィール!! Twitterアカウント Twitter 技術系の雑談や、質問の行える無料サロンもやっています。 windii social

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP