テックブログ

  1. tool
  2. 47 view

WordPressサイトのアクセス解析をスマホでみる方法

自分の運営するWordPressサイトのアクセス解析を、スマートフォンでも閲覧したいという方向けの記事です。

この記事を読むと、Jetpackプラグインと、GoogleAnalyticsでのアクセス解析をスマートフォン+PCで見る事が出来るようになります。

Jetpackによるアクセス解析

Jetpackプラグインは、アクセス解析の他にもマークダウンに対応出来たり、シェア機能だったりと、30程度の機能をもつ多機能プラグインです。

以下の記事もJetpackプラグインの機能を使用して実装しています。

Jetpackプラグインの機能の一つである、サイト統計情報を紹介します。

Jetpackのサイト統計情報では、以下のような統計情報を確認することが出来ます。

  • 期間別のアクセス数
  • ページ毎のアクセス数
  • 人気投稿
  • リファラー
  • 検索キーワード
  • コメント数

WordPress-Jetpack

Jetpackのアクセス解析は見やすく、楽しいので、初心者の方であれば、Jetpackプラグインだけで十分です。

Jetpackによるスマホでのアクセス解析の表示

縦長にはなりますが、PC版と同じ機能が全てサポートされています。

Jetpackによるアクセス解析はWordPressアプリを用いて行いますが、その前にJetpackプラグインをインストールする必要性があります。

Jetpackのインストール&有効化

ダッシュボード > プラグイン > 新規追加 > 検索窓に Jetpackと入力し、Jetpackプラグインをインストールしてください。
ダッシュボードの上部にJetpackへのリンクが追加され、サイト統計情報をクリックすると、先程のような統計情報画面を見ることが出来ます。

analytics

WordPressアプリのインストール

スマートフォンでのJetpackアクセス解析にはWordPressアプリが必要です。

WordPressアプリには、Jetpackによるアクセス解析以外にも様々な機能がサポートされています。

  • アクティビティの確認
  • 公開済みサイトの固定ページの確認・編集
  • 新規記事の投稿・既存記事の編集
  • メディア管理
  • コメントの管理
  • テーマやメニューの編集
  • プラグイン設定
  • サイト設定

以下リンクより、WordPressアプリをインストールしてください。
WordPressアプリ

アプリを起動すると、以下のような画面に飛ぶので、必要情報を記載していきます。
WordPress-login

ログインが完了してダッシュボードに移動した時の画像です。
WordPress-dashboard

一番上部の統計情報を選択して、スマートフォン上でアクセス解析が出来ることを確認してみましょう。

バッチリ表示されてますね。イェイ

スマートフォン上でアクセス解析をするという目標は達成しましたが、GoogleAnalyticsを導入すると、より詳細なアクセス解析を行う事が可能です。

GoogleAnalyticsなら出来るけど、Jetpackでは出来ない解析出来ないものの例

  • リアルタイムユーザーの取得
  • 新規ユーザー
  • 伸び率の表示
  • 平均セッション継続時間
  • 直帰率
  • ユーザーあたりのセッション数
  • 時間帯別のユーザー数遷移

GoogleAnalyticsによるアクセス解析

GoogleAnalyticsとはGoogleが提供するアクセス解析ツールで、基本無料で利用する事が出来ます。

以下の画像はスマートフォンでのAnalyticsアプリのスクリーンショットです。

使い方の流れ
Googleアカウントの発行 > GoogleAnalyticsへの登録 > トラッキングコードの設置

トラッキングコードとは、サイトの統計情報を計測するためのコードです。
GoogleAnalyticsは、トラッキングコードを元にサイトの統計情報を表示します。
そのため、トラッキングコードを設置してからのアクセス解析になります。

GoogleAnalyticsへの登録

GoogleAnalytics

GoogleAnalyticsのリンク > 無料で利用を選択してください。
GoogleアカウントでログインをするとAnalyticsの説明画面に移動します。
サイト右側の登録を選択してください。

以下の画面に遷移しますので、必要項目を記載し、トラッキングIDを取得ボタンを選択してください。
analytics-register

次に利用規約の確認画面が出てくるので、それに同意すればAnalyticsへの登録は完了です。

トラッキングコードの取得

トラッキングコードの確認は
analyticsのダッシュボード > 管理 > トラッキング情報 > トラッキング管理で行う事が出来ます。
後ほど使うので、コピーしておいてください。

google-analytics-tracking

トラッキングコードの設置

WordPressサイトの場合、ALL in one SEO packなどのプラグインを利用する方法もありますが、今回は、Googleさんの仰る通りの一般的な方法で今回はトラッキングコードを設置します。

このプロパティで使用できる Global Site Tag(gtag.js)トラッキング コードです。このコードをコピーして、トラッキングするすべてのウェブページの 内の最初の要素として貼り付けてください。ページにすでに Global Site Tag が配置されている場合は、以下のスニペットの config 行のみを既存の Global Site Tag に追加してください。

トラッキングコードをHEADタグ内に設置します。
ダッシュボード > 外観 > テーマの編集より、header.phpを選択してください。

Ctrlキー+F  でheadタグのある場所を探し、先程のトラッキングコードを先頭部分に貼り付けてください。
最後に更新ファイルを更新ボタンを選択すれば、これでGoogleAnalyticsの設定は完了です。

といっても、トラッキングコードが設定されてからのアクセス解析なので、すぐにデータを解析出来る訳ではありません。
じっくり待ちましょう!

GoogleAnalyticsアプリのインストール

analytics-overview

以下リンクよりGoogleAnalyticsアプリをインストールして、Analyticsに登録したGoogleアカウントでログインしてください。
Google Analytics

GoogleAnalyticsの使用が出来るようになっているはずです!
イェイ

まとめ

アクセス解析には、Jetpack + WordPressのアプリが便利。
より詳しい情報を調べたいならGoogleAnalyticsに登録するといい。
モバイル対応は基本アプリをインストールするだけ!

The following two tabs change content below.

zoe

1994年、京都生まれ。麻布高校卒業後、2年間FPSのクランマスターとして活躍し、駒澤大学の経営学部に進学 → 中退→ とんかつ屋→ WINDII→ Sier→ ベンチャー→ WINDII

toolの最近記事

  1. WordPressサイトのアクセス解析をスマホでみる方法

  2. エンジニア、ブロガーに超オススメなChrome拡張機能11選

  3. ランディングページ(LP)を5分で作る【ペライチ】

  4. macでgifを撮るのに便利【GIPHY Capture】

  5. Swagger UI + Swagger Editorを使ってAPI仕様書作成を効率化する…

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。