プログラミング学習やフリーランスエンジニア情報を発信していきます。現役フリーランスエンジニア2人で運営してます!

  1. WordPress

WordPressの運用で行なっている事まとめ【プログラミング知識不要】

最終更新日:2019/03/12

wordpress

WINDIIがWordPressで行なっている施策をまとめた記事です。
WINDIIの運用方針の一つに極力ソースコードはいじらないがあるのでプログラミングの知識がない方でも行えるものばかりです。

初心者の方でもわかりやすいものから、KUSANAGI導入やAMP対応まで様々な記事があるので是非参考にしてください。

高速化ノウハウは以下の記事にまとめてあります。

WordPressの運用をする上で行なった事リスト

  • WordPressテーマの購入
  • Markdown対応
  • リンクを別タブに
  • コードスニペット対応
  • WordPressのアクセス解析の導入
  • GoogleAnalyticsに対応
  • KUSANAGI移行
  • pz-linkcard導入
  • AMP対応(廃止)
  • 記事の目次をサイドバーに

WordPressテーマの購入

TCDのテーマは非常に優秀です。
自分たちで作成するよりも絶対いいものが手に入るので、テーマは購入しました。
ZEROという有料テーマです。

CSSの編集

ZEROの記事ページのレイアウトを少々変更しました。

Markdown対応

記事を書くことへの心理的障壁を小さくしました。結果として、執筆速度が圧倒的に早くなり更新頻度の増加に繋がっています。

リンクを別タブに

技術ブログでリンクが別タブで開かれないのはUIが低いので、別タブで開くようにしました。

コードスニペット対応

テックブログですので、コード部分を綺麗に表示させる必要性がありました。

WordPressのアクセス解析の導入

携帯でサクッと見れるので、記事更新への意欲の継続に繋がっています。

GoogleAnalyticsの導入

記事の滞在時間を分析することで、記事のリライトを行うのに役にたちます。

KUSANAGI移行

KUSANAGIはとにかく早いです。

pz-linkcard導入

侍エンジニアブログをはじめとした、SEOに強いサイトがpz-linkcardを導入していたのでWINDIIでも採用しました。

AMP対応

モバイルでの表示速度が圧倒的に早くなります。
カスタマイズの難易度が上がるため今では廃止しましたが楽しかったです。
時間の割に効果は薄いのではないかと思うので、AMPに対応したいならAMP対応済みのテーマを選択するのがオススメです。

記事の目次をサイドバーに

QiitaさんのUIを真似しました。長文記事の際に大分読みやすくなると思っています。
Position:sticky;を用いて実装しました。

使用しているプラグイン一覧

  • AMP対応 Accelerated Mobile Pages 
  • 急エディタに戻す Classic Editor
  • お問い合わせ Contact Form 7
  • 画像軽量化 EWWW Image Optimizer
  • ライターのプロフィール Fancier Author Box
  • アクセス解析等 Jetpack by WordPress.com
  • リンクカード Pz-LinkCard
  • 目次の表示 Table of Contents Plus
  • コードスニペット WP Code Highlight.js
  • 外部リンクを別タブで開く WP External Links

最後に

以上WINDIIがWordPress上で行っていることでした。
HTML.CSSのカスタマイズのみでPHP部分をいじっていないのでわかる記事が多いと思います。

WordPress運用の一助になれば幸いです。

The following two tabs change content below.

ぞえ

実務未経験から1年でフリーランスエンジニアになって給料が6倍になった男/アル中の記憶ない系/しかも190cmの巨人。今は週3勤務しながら@ryudoi1と当メディア運営中 詳細なプロフ ぞえのプロフィール!! Twitterアカウント Twitter 技術系の雑談や、質問の行える無料サロンもやっています。 windii social

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP