プログラミング学習やフリーランスエンジニア情報を発信していきます。現役フリーランスエンジニア2人で運営してます!

  1. WordPress

WordPressの新Editor・Gutenbergとは?【旧エディターに戻す方法】

最終更新日:2018/12/09

旧エディターを使っていて、WordPressのバージョンアップと共に、Gutenbergを使用することになってしまった方向けの記事です。

結論からいうと、旧エディターの方がいいと思う場合はClassicEditorプラグインをインストールすれば、旧エディターを使用する事ができます。

一応Gutenbergについて少し調べたのでまとめておきます。

新Editor・Gutenbergとは?

WordPressの開発陣が、HTMLを書けない人でも直感的に記事を作成できるようにしようとしてできたエディター。
Gutenbergを使用するか、プラグインを入れてGutenbergを使用しないかの二択。
只今炎上中。

最近5件のレビューをGoogle翻訳でみてみる。

☆ とても迷惑
私はそれが好きではありません。私は将来のロードマップも好きではありません。 WordPressはフルウィックススタイルになりました。

wixとは誰でも簡単にホームページを作れるサービス

☆ 非常に悪いグーテンベルク。非常に複雑で使いにくい。
ひどい グーテンベルグ非常に複雑で使いにくい。 以前のようにClassic Editorが戻ることを願っています

☆ ワードプレスの新しいコークス
God Gutenburgの甘い母親はゴミだけです!ページへの写真のリンクを作る方法を理解するのに10分かかりました。 WordPressは元気だった。直感的でシンプルで機能的なインターフェースを備えていました。グーテンベルクは、最初にそこになかった問題を解決しようとする試みです。 彼らのソフトウェアエンジニアは多くの作業量を持っていなかったので、彼らはこの怪物を作成しなければなりませんでした!これは確かにWordPressの ‘New Coke’になります…

☆ 恐ろしいUI
15インチのラップトップ画面(決してエッジケースではない)には、2つのネストされた垂直スクロールバーがあります。つまり、ページの下部にあるカスタムフィールドなどにアクセスするには、2つの異なるスクロールバーのセットを使用する必要があります。まったく受け入れられない、WordPress。これが解決されるまで、Classic Editorプラグインを使用します。

☆ これはWordPressがこれまでに作った最悪の惨めさです
WordPressのアップデートが更新をしたときにプラグインを無作為に壊すのを覚えていますか? あなたがグーテンベルグの編集者を永遠に消させてしまえば、私は喜んでそれに戻ります。 Matt Mullenwegの考え方や、あなたが望むやり方を正確に投稿する人は誰もいません。 別のエディタで投稿を作成して貼り付けるのは悪夢です。インライン画像を追加することは、現在噴火している火山の側面に組み込まれた実験室で脳手術を行うことと同じくらい複雑になりました。

☆5を付けている人のコメントもみたのですが、最悪だなどと書かれており、何故星5なの?っていうコメントがあるような感じでした。
レビューはこちらから確認できます。
Average Rating

Gutenbergを使用しない理由

Gutenbergを利用すると、作業効率が圧倒的に下がるからです。
Gutenbergと、旧エディターの比較です。

Gutenberg
gutenberg

ClassicEditor
past-editor

例えばh2を使う時に+ボタンの選択 > 見出し > h2と選択する必要があり##とスペースを入れるだけのマークダウンと比べて圧倒的に使いづらくなっています。

まとめ

従来よりWordPressを利用している人 = Gutenbergを使用しないでも、記事を書く事ができる。
という事なので、今WordPressサイトを運用している人で、Gutenbergを歓迎する人は殆どいないと思います。
そこまで過保護にならず、使う人はマークダウンだけ覚える。
それがいいのかなと思いました。

The following two tabs change content below.

ぞえ

実務未経験から1年でフリーランスエンジニアになって給料が6倍になった男/アル中の記憶ない系/しかも190cmの巨人。今は週3勤務しながら@ryudoi1と当メディア運営中 詳細なプロフ ぞえのプロフィール!! Twitterアカウント Twitter 技術系の雑談や、質問の行える無料サロンもやっています。 windii social

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP