技術記事やフリーランス記事をメインに情報公開をしています。是非見ていってください。

  1. ツール紹介

SEOquake+SEMrushで競合サイトを調査&キーワード解析

最終更新日:2018/12/20

SEOquakeというGoogleChromeの拡張機能を利用すると、競合サイトの情報(アクセス数、記事数、被リンク数、被リンクからの流入)を簡単に分析する事ができます。
今回は、このSEOquakeの使い方を紹介した後に、SEMrushでのキーワード解析を紹介します。

僕はこのサイトってどれぐらい強いんだろうといった、興味本位で使用しています^^

SEOquake→ 競合サイトのドメインチェック
SEMrush→  キーワード解析

wikipedia

GoogleChromeで、まずは、SEOquakeをインストールしましょう。
SEOquake

SEOquakeで必要項目を有効化

インストールして、Googleの検索画面に移動してください。
以下のような、SEOquake専用のサイドバーが確保されています。
使用する項目をparametersの項目から編集する事ができるので、以下のように設定してください。

有効化するのは、以下の5項目です

  • Google index 
  • Alexa rank
  • Webarchives age
  • SEMrush SE Traffic
  • SEMrush links
  • SEMrush linkdomain

seoquake-activate

一つ一つの項目がどのようなものかを説明します。

Google index

Google indexは、そのサイトが、どれだけの数googleにindexされているかを表します。
先ほどのwikipediaだと、2.6mでしたので、260万ものページ数がGoogleにインデックスされているという事がわかります。

seoquake-activate

Alexa rank

Alexa rankでは、そのサイトが、世界で何番目にアクセス数が多いかを知る事ができます。

ちなみにAlexa rankのトップ5は、

1位 google
2位 youtube
3位 Facebook
4位 Baidu
5位 wikipedia

です。
以下のリンクからTop50を確認する事ができます。
List of most popular websites

Webarchives age

Webarchives ageはそのサイトの設立日です。
一般的に長く定期的に更新しているサイトは、Googleからの信用が高くなり、ドメインパワーも強くなると言われています。

SEMrush SE Traffic

ドメインの一ヶ月あたりの検索流入です。
先ほどのwikipediaの例では、2.01billionですので、20億1000万アクセスを検索から獲得していることがわかります。

SEMrudh links

バックリンクからの一ヶ月当たりのアクセス数が表示されます。

SEMrush linkdomain

バックリンクの総数が表示されます。

項目をクリックする事で、詳細を確認する事ができます。
利用するには、会員登録が必要です(無料)

SEMrushでキーワード調査

今までは、GoogleChromeの拡張機能についての説明でしたが、SEMrushを利用すると、他にも様々な項目をチェックする事ができます。
先程出てきた、SEMrushはキーワード調査ツールです。

SEMRush

ピンクの枠で囲まれたところにドメインもしくは、キーワード(複数可)を入力することで利用することができます。
試しに筋肉と検索してみましょう。

SEMRush

キーワードの調査結果は、

  • Overview 一日当たりの検索ボリューム
  • Phrase Match 該当キーワードを含む単語の検索ボリューム
  • Related Keywords 関連するキーワードと検索ボリューム
  • Ads History us 使えない。

の四つが表示されます。

各タブを選択すると、より多くの情報を閲覧することが可能です。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。