プログラミング学習やフリーランスエンジニア情報を発信していきます。現役フリーランスエンジニア2人で運営してます!

  1. プログラミング学習

プログラミングで独学をおすすめしない理由【実体験】

最終更新日:2019/03/07

どうもー今こそ、プログラミングに慣れてきたものの、元々勉強ができずにいたぞえです。

どれぐらい出来なかったかというと、これぐらい。(高3の時の成績です)
成績

僕は意識高い系の存在だったので、浪人を装い(この成績で浪人ってなんだよ)って感じですが。
プログラミング学習に一週間程挑戦したことがあります。
その時の経験から言わせてもらうと、独学のプログラミング学習は絶対に挫折すると思います。
まず使っていたマシンが30,000円のACERの奴。当時の僕にとっては贅沢品だったのですがポンコツすぎます。
そして、使っていた教材がブックオフで買ってきた100円のAndroidアプリ開発。

もう、この時点で無理なのですが。何がプログラミング学習が成功する確率を下げているのか、どうすればプログラミング学習が成功しやすいかを伝えて行こうと思います。

  • パソコン
  • 言語
  • 教材
  • 周囲の環境

結論としては、環境を変えないとどうせ無理だよという話です。

パソコン

パソコンはできればwindowsよりも、Macのがオススメです。
理由は3点あります。

  • Macでしか使えないツールが多々ある
  • 性能面で見たときに、windowsのものよりもMacの方が純粋にコスパが良い
  • 色々なサイトに載っている記事の量がMacの方が多いので、情報収集がしやすいです。

僕はあまりお金がなかったのですが、使えないツールが多いことに絶望し、中古の15インチのMac bookProを購入しました。
最初は、Windows以外ありえない卍みたいな感じかもしれませんが、できるだけ早くMacを買うことをオススメします。
同じ性能でも、少し小さくなるだけで高くなるので、大きい奴の方がお財布に優しいです。

言語

アプリで一発当ててやるぜ〜、タッチザナンバーを作るんだ〜けど、WindowsしかないからAndroidだ〜
といった短絡的な考えでやったのですが、今はアイディアだけのアプリが売れる時代ではないですし、モチベーションの維持的にWeb系のフロントエンド技術を勉強すべきです。

勉強方法に関しては別記事にまとめてあるので、併せて読んでいただけると幸いです。

教材

技術系の情報は基本的に遷移が早いので、本で勉強するのであれば新しいものを買いましょう。
古い技術書はなんの役にも立たないです。
bookoffで100円とかどこの化石だry

周囲の環境

僕の場合、専門学生の友人が一度Javaを教えにきてくれたことがありますが、一度では無理でした。
それと、教わるのであれば、実務でやったことがあるレベルの人がいいなと。
実際一年で、フリーランスになるまでの間に教えてくれる人がいたのは大きいです。
基本は自分でやるのは当然ですが、職場で使っているなどとなるとモチベーションが全然変わります。

プログラミングで挫折しないためには

以上を踏まえた上で結論を出していきましょう。

  • パソコンは自分の予算が許す限りのMac。
  • 言語はHTML・CSS・JavaScriptというように順番にやる
  • 教材は独学をするのであれば、新しいものを買う。

成長できる環境に身をおく

少なくとも成長できる環境にはある程度の強制力が働く必要性があります
意識だけでプログラミングを勉強したいと思っていても、プログラミングが出来る必要性がないと人は頑張れないようにできてる(僕だけ?)からです。

以下の例をご覧になってください。

ワタミ社長「『無理』というのはですね、嘘吐きの言葉なんです。
       途中で止めてしまうから無理になるんですよ」
村上龍「?」
ワタミ「途中で止めるから無理になるんです。
    途中で止めなければ無理じゃ無くなります」
村上「いやいやいや、順序としては『無理だから→途中で止めてしまう』んですよね?」
ワタミ「いえ、途中で止めてしまうから無理になるんです」
村上「?」
ワタミ「止めさせないんです。鼻血を出そうがブッ倒れようが、 とにかく一週間全力でやらせる」
村上「一週間」
ワタミ「そうすればその人はもう無理とは口が裂けても言えないでしょう」
村上「・・・んん??」
ワタミ「無理じゃなかったって事です。実際に一週間もやったのだから。
    『無理』という言葉は嘘だった」
村上「いや、一週間やったんじゃなくやらせたって事でしょ。鼻血が出ても倒れても」
ワタミ「しかし現実としてやったのですから無理じゃなかった。
    その後はもう『無理』なんて言葉は言わせません」
村上「それこそ僕には無理だなあ」

まあ、これは冗談なのですがプログラミング教室の先生がワタミの社長だったら相当早く成長できますよね笑笑
ということで僕が本気でプログラミングを職にしたい人にオススメする方法が以下の二つです。

  • マークアップエンジニアとしてアルバイトを始める。
  • プログラミングスクールに通ってそのままWeb業界に就職する。

僕の場合は意図したわけではなく、前者を選択し、偶然厳しい環境だったので成長が比較的早めでした。
自分はそんなことない。環境に左右されずになれたぞ!オラオラ!っていう人がいたら天才です。
コメントよろしくお願いします(*^^)v全力でリスペクトさせて頂きます。

結論

自宅で一人でプログラミングを独学で勉強出来るのは天才だけ。
本当にプログラミングを勉強したいのであれば、環境から変える必要性がある!

リリさんのオススメするプログラミングスクールの記事はこちら

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP