プログラミング学習やフリーランスエンジニア情報を発信していきます。現役フリーランスエンジニア2人で運営してます!

  1. 副業

Uber Eats(ウーバーイーツ)で稼ぎまくろう!【金額も大公開】

最終更新日:2019/05/14


最近、Uber Eats(ウーバーイーツ)がかなり流行ってますね。
けっこう有名なサービスになってきてるので使ったことある人も多いのでは。

ただ、意外と知られていないのが配達パートナー側の裏事情。
Uber Eatsの配達パートナーといえばこんなバックをもっている人。

街中で見かけたことありませんか?

実はこのUber Eatsの配達パートナー、けっこう稼げるいい仕事なんですよ。

今回はUber Eats歴2年ほどのHさんにインタビューをした内容をもとにUber Eats配達パートナーのすべてを紹介します!

  • 「Uber Eatsの配達パートナーってどんな仕事なの?」
  • 「Uber Eatsって実際どれくらい稼げるの?」
  • 「Uber Eatsの配達パートナーってどうやってはじめればいいの?」

本記事ではこういった疑問に徹底的に答えていくので、これから始めてみようか迷っている方は必見ですよ!

いますぐUber Eatsの配達パートナーになる

Uber Eatsとは?

Uber Eatsをひとことで言うと飲食店のフードデリバリーサービスです。

むかしからあった出前とは全く違う点が2つあります。

  • 利用者が好きな飲食店の料理をスマホで簡単に頼める
  • 料理の配送は飲食店の店員ではなく、一般の配達パートナーが行う

注文者が料理をスマホで簡単に頼める

まず、料理を頼みたい人がアプリを使って簡単に注文することができます。

しかも今までの出前と違い、Uberに登録されている複数の飲食店を比較して自分の好きなものを頼めるんです。

出前対応している店をいちいちネットで検索して電話をかけていくのはけっこうめんどくさいので、非常に便利な仕組みですよね。

料理の配送は一般の配達パートナーが行う

Uber Eatsのもう一つの特徴として、料理を配達するのが飲食店の店員でなくUber Eatsに登録した一般の配達パートナーである点があります。

いままでの出前の場合、特に人気の飲食店ですと注文が殺到して人手が足りなくなってしまうということが起こっていました。ところがUber Eatsの場合、ITの力をつかってUber Eatsに登録している配達パートナーをいい感じに配分するのでとても効率がいいんですよね。

注文者からみて人気の飲食店の出前をすぐに取れるのもUber Eatsの魅力のひとつです。

Uber Eatsがなぜこれほど人気なのかがよくわかりますよね。

Uber Eatsの配達パートナーになる

Uber Eatsの仕組み

それではUber Eatsの仕組みをもう少し詳しくみていきましょう。

少し複雑なのでわかりやすく図にしてみました!

以下の図をご覧ください。

登場人物は4人です。

  • Uber Eats
  • 注文者
  • 飲食店
  • 配達パートナー

以下の流れで配達が進んでいきます。

  • 1. 注文者がUber Eatsのアプリを使って注文する
  • 2. Uber Eatsが飲食店に注文を依頼する
  • 3. 飲食店が注文内容の料理をつくる
  • 4. Uber Eatsがオンラインの配達パートナーを探して依頼する
  • 5. 依頼された配達パートナーが飲食店に料理をとりにいく
  • 6. 配達パートナーが料理を注文者に届ける
  • 7. Uber Eatsから配達パートナーに報酬が振り込まれる

実際に配達パートナーをやってみるとわかりますが、Uber Eatsが最先端のIT技術をつかってスムーズに連絡をくれるのでかなり楽で効率的に稼げます。

Uber Eatsの配達パートナー登録をする

Uber Eatsのパートナーになる7つの魅力

それではUber Eatsのパートナーになる魅力を紹介していきます。

Uber Eatsのパートナーになるメリットは以下の7つです。

  • けっこう稼げる
  • すぐに報酬が手に入る!
  • シフトなし!日にちや時間を自由に選べる
  • 場所も自由!
  • 面倒な人間関係なし
  • 健康にいい!
  • 乗り物は自由に選べる!【自分で買う必要なし】

順に説明して行きますね。

けっこう稼げる【実際の金額公開】

Hさん
Hさん

Uber Eatsは他の仕事に比べるとかなり稼げる可能性があります!

まずUber Eatsの配達パートナーはかなり稼げます。

Hさんが実際に稼いだ金額を見せてもらいました。

▼画面その1

▼画面その2

時給を計算してみるとかなり高額ですよね。

※あくまで目安です。報酬は、時間、地域、プロモーションによって異なります。掲載した画面は2018年9月六本木エリアで配達した時のものです。

Hさん
Hさん

報酬は、時間、地域、プロモーションによって異なりますが、僕の場合の一例としてみてください。

しかも、Hさんによると稼げるときだけピンポイントでやればもっと時給が上がることもあるそうです。

Hさん
Hさん

お見せした画面はあまり仕事がない時間帯もオンラインにしていたのですが、

Hさん
Hさん

昼などの仕事が多い時だけに絞ればもっと行くときもあると思います。かなり割のいい仕事です。

Uber Eatsで稼ごう!

すぐに報酬が手に入る!【週末締め翌水曜日払い】

Uber Eatsは報酬の支払いがとても早いです。

Uber Eatsは少し変わった報酬支払いシステムを採用しており、

週末締め翌水曜日払い

です。

どういうことかと言いますと、月曜〜日曜に稼いだ合計金額が次の水曜日に支払われます。

普通のバイトだと1ヶ月後とかが普通なのでかなり早いですよね。

Hさん
Hさん

Uber Eatsはとにかく支払いが早いのも魅力ですね。急にお金が欲しくなった時にパッとやってすぐ振り込まれるので。

旅行前や給料日前のお金が少しきつくなった時にやるといいですよね!

Uber Eatsで配達をする

シフトなし!日にちや時間を自由に選べる

Uber Eatsは他の仕事とは違い、シフトを事前に提出したり1日5時間以上みたいなルールは全くありません。

気が向いたときに、好きな時間稼ぐことができるんです!

これかなりすごいことですよね。こんな仕事なかなかありません。

やりたいと思ったら対応エリアにいってアプリを起動しオンラインにするだけ。疲れたらいつでもやめられます。

Hさん
Hさん

とにかくマイペースにできるのもUber Eatsのいいところですね。急に友達から連絡が来て遊ぼうって言われてもすぐにやめて合流できるのはすごいことだと思います。

マイペースに自由に稼ぎたい方はUber Eatsの配達パートナーめちゃめちゃオススメですよ!

Uber Eatsのパートナーになる

場所も自由!

Uber Eatsの対応地域であれば、基本的にどこでも自由に場所を選べます。

Uber Eatsの対応地域

Uber Eatsの対応地域のなかで自分のやりたいエリアに行ってアプリをオンラインにするだけで仕事開始です。

▼実際の画面

Hさん
Hさん

Uber Eatsの対応地域であれば基本的に好きなところではじめられます。
ただある程度ガッツリ稼ぐならやはり東京の中心部です。僕は六本木エリアをメインで配達しています。

自宅の近くで軽くやるのもあり、東京の中心に行ってガッツリやるのもあり!

場所の選択肢の広さもUber Eatsならではですよね!

Uber Eatsの配達パートナーになる

面倒な人間関係なし

Uber Eatsは職場のめんどくさい人間関係が一切ないです。

Hさん
Hさん

Uber Eatsは面倒な人間関係がないのがかなり良いです。
僕は配達パートナー仲間とコンビニでよく一緒に休憩していたのですが、気の合わない人と付き合う必要は一切ありません。
もちろん上司もいないですし。

めんどくさい上司もいなければ、気の合わない同僚もいないのは最高ですね。

また、普通に仕事をしてれば注文者が文句を言ってくることもほとんどないようです。

Hさん
Hさん

僕は2年くらいUberの配達パートナーをやっていますが、注文者に文句を言われたことはまったくないですね。
普通に仕事していればいい人たちばかりです。

Uber Eatsの配達パートナーならめんどうな人間関係に巻き込まれることなくお金を稼ぐことに集中できますよ!

Uber Eatsに登録する

健康にいい!

Uber Eatsの配達パートナーは運動目的でやってる人もいるくらい健康にいいです。

お金がもらえて運動になるので、お金払ってジムに通うよりよっぽどいいですよ!

ダイエットしたい方にも超オススメですね。

Uber Eatsに登録する

乗り物は自由に選べる!【自分で買う必要なし】

乗り物は自由に選べます。免許を持っている方はバイクでもいいですし、自転車でやっている人が多いです。

ちなみにバイクでやっても自転車でやっても稼げる金額はほとんど変わらないそうです。

自転車でやる場合は短距離の配達を数多くこなす感じで、バイクでやる場合は遠距離で報酬が多い配達をいくつかやる感じです。

▼Hさんが実際に使っているバイク

Hさん
Hさん

稼げる金額は大して変わらないのでバイク、自転車は好きな方を選べばいいと思います。
僕の場合は免許を持っていて知り合いからバイクを安く譲ってもらったので、バイクをメインでやっています。

また、バイクも自転車も持っていない人でも大丈夫です。

自転車シェアリングサービスを使えば、乗り物をまったく持っていなくても始められます。

Hさん
Hさん

都内だと「赤チャリ」という自転車シェアリングサービスを使っている人が多いですね。
電動自転車なので坂道でもまったく疲れないですよ。

出前サービスなので、乗り物を持っていないと始められないと思っている人が多いですが、実際は乗り物を持っていなくても気軽に始められます!

Uber Eatsの登録はこちら!

Uber Eatsのはじめ方【簡単3ステップ】

それではUber Eatsの配達パートナーの始め方を説明します。

以下の3ステップで簡単に始められます。

  • 1. アカウント登録
  • 2. 必要書類を準備
  • 3. センターへGO!

アカウント登録

まずはこちらから会員登録する必要があります。

必要事項を記入してアカウント登録をしましょう!

1分くらいでできるのでサクッと終わらせちゃいましょう。

Uber Eatsのアカウント登録をする

必要書類を準備

身分証明書や運転免許証などの必要書類を準備します。

オンラインでも提出可能です。

▼登録に必要な書類

自転車の場合:

  • 身分証明書
  • プロフィール写真

原付バイクの場合:

  • 運転免許証
  • 自賠責保険証書
  • ナンバープレートの写真

センターへGO!

近くのパートナーセンターまたは登録センターに行ってアカウントを有効化します。

以下の中から自宅に近いところを選んでいけばOKです!

▼パートナーセンター一覧

東日本エリア

  • 恵比寿
  • 秋葉原
  • 新宿
  • 横浜

西日本エリア

  • 心斎橋
  • 京都
  • 神戸
  • 名古屋
  • 福岡

以上で登録手続きは終わりです。簡単ですよね。

これが済んだらいつでも仕事ができるようになります!

まとめ

ここまででUber Eatsの配達パートナーの仕事内容、報酬、はじめ方などを紹介しました。

何よりも他の仕事に比べて自由でしかもかなりお金が稼げるのがいいですよね。

Uber Eatsはバイトとは違い、手軽に始められる上に、飽きてきたら一瞬でやめられます。
「やめます」と誰かに言う必要もありません。

それなので、少しでも興味がある方はとりあえず始めてみてはいかがでしょうか?

登録さえしておけばいつでも気が向いたときに稼げますので登録しないのは損ですよ!

Uber Eatsに登録する

The following two tabs change content below.

riri

25歳。 Twitter:りりー@ryudoi1 // windii socialというslackチャンネルで質問や雑談等受け付けてるので気軽に参加してください!(もちろん無料です) フリーランスになるまでの過程は こちら

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP