プログラミング学習やフリーランスエンジニア情報を発信していきます。現役フリーランスエンジニア2人で運営してます!

  1. プログラミングスクール

独学でプログラミングを勉強した経験は、あなたが思ってる以上に評価されるよ!という話

最終更新日:2019/02/04

はじめに

私は、24歳でエンジニア未経験で、アルバイトからフリーランスエンジニアに転向し、現在月80〜100万ほど稼いでいます。

そこまでの過程はこちらにまとめました↓

【月100万】25歳非大卒がアルバイトからフリーランスエンジニアになった過程!

突然ですが、みなさんはプログラミングをやっている時、わからないことが出てきた時どうしますか?

環境に恵まれた人であれば先輩に聞く、知り合いのエンジニアに聞いてみるなどできますが、多くの方はググったり質問サイトで聞いてみたりすると思います。

ずっと独学を続けていると、もっと効率の良い方法があるのでは?といった不安がよぎる時があると思います。

今回は、そんな人に向けて独学で学習したという経験はエンジニアとしてのキャリアにおいてとても重視されるということを実際の私の経験から解説していきます。

本記事が、プログラミングを独学でやっている人へのエールになれば!

[注意]
本記事では独学でプログラミングを学習する素晴らしさを力説していくのですが、プログラミング学習を全て独学でやるのはお勧めしません。

周りに詳しいエンジニアがいない場合、どうしても非効率な学習になってしまいますので、プログラミングスクール等を利用することをお勧めします!

以下の記事におすすめプログラミングスクールをまとめたのでぜひあわせてご覧ください!

フリーターからフリーランスエンジニアになった私がおすすめするプログラミングスクール4選!

それでは、まずプログラミングを独学することのメリットを挙げて行きましょう!

プログラミングを独学すると周辺知識がつく

プログラミングを独学で身につけると解決した物事の関連知識をあわせて手に入れることができます。

どういうことかといいますと、プログラミングを独学すると回り道をしがちですが、その回り道で手に入れた知識は必ず役に立つということです。

ある課題を解決するにしても、ベテランエンジニアに質問して解決した場合と、ググってググってググりまくった先に答えを見つけた人では手に入れられる知識量が違います。

回り道は無駄ではありません!

プログラミングを独学すると自己解決能力がつく

プログラミングを独学すると自己解決能力が磨かれます。

特にフリーランスエンジニアを目指すなら、自己解決力が重要です。

詳しい理由は以下の記事にまとめたのであわせてご覧ください。

フリーランスエンジニアの採用リスクは「即戦力にならないこと」ではなく「足手まといになること」

簡単に要約しておきますと、企業側からみると新しいエンジニアを受け入れるとき、教育コストがたくさん発生しますが、独学でプログラミングを身につけた経験がある人は比較的教育コストが低く、受け入れやすいという話です。

独学でプログラミングを学習したという事実は採用の際に大変評価されます!

まとめ

以上が独学でプログラミングを身につけるメリットです。企業はもちろんこれらのメリットをよくわかっているので、プログラミングを独学していることは積極的にアピールして行きましょう!

実際のアピールの仕方に関しては以下の記事にまとめたのであわせてご覧ください!

経験の浅いフリーランスエンジニアがポートフォリオを充実させるためのコツ

The following two tabs change content below.

riri

25歳。 Twitter:りりー@ryudoi1 // windii socialというslackチャンネルで質問や雑談等受け付けてるので気軽に参加してください!(もちろん無料です) フリーランスになるまでの過程は こちら

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP