プログラミング学習やフリーランスエンジニア情報を発信していきます。現役フリーランスエンジニア2人で運営してます!

  1. フリーランス

【フリーランスエンジニア】高単価案件は難しくて大変で選ばれた人にしかできないという誤解

最終更新日:2019/01/28

はじめに

私は、24歳でアルバイトからフリーランスエンジニアに転向し、現在月80〜100万ほど稼いでいます。
そこまでの過程はこちらにまとめました

突然ですが皆さんは、月100万円稼いでいるフリーランスエンジニアがどのような仕事をしていると思いますか?

私が駆け出しだった頃のイメージは、最先端の技術を駆使してガリガリコードを書いて夜遅くまで仕事をやっている人でした。

月100万も稼いでいるのだから当然それに見合うだけの仕事量をしているだろうというわけです。

しかし、これは完全に誤解です。

単価が高いフリーランスエンジニアだからと言って、最先端の技術に精通していて、ガリガリコードを書いてるとは限りません!

本記事では、この話題について解説していきたいと思います。

ポイントは以下の4つです。

稼いでるIT企業=技術力が高いという幻想

稼いでる会社ほど属人性が低い

稼いでるIT企業ほど自動化が進んでいる

稼いでるIT会社ほど人材が豊富

基本的には高単価を出してくれる会社は稼いでるIT企業ですので、これらの特徴を理解すれば、先ほどご紹介した誤解が解けると思います。

それでは、さっそく見ていきましょう!

稼いでるIT企業=技術力が高いという幻想

まず、稼いでるIT企業が技術力が高いという訳ではありません。
誰しも多かれ少なかれエンジニアとしての技術力を磨いていくうちに、技術至上主義に陥ってしまいます。
その結果稼いでるIT企業=技術力が高いという誤解が生まれます。

世の中には2種類の職業しかない。エンジニアかそれ以外か。

みたいなナルシスト思考を取り去ってもう一度考えて見ましょう。

たとえIT企業であってもエンジニアの占める割合は非常に少ないです。
営業やカスタマーサポート人事などIT企業に必要な職業はたくさんあります。
稼いでいるIT企業は技術力一本ではなく、様々な職種の人たちが効率よく連携して利益を出している場合が多いのです。

また、昨今のIT技術の進化はめざましく、稼いでるIT企業の技術は最先端どころかむしろちょっと古い場合が多いです。
仮にめちゃくちゃ上手くいったIT企業でも、軌道に乗るまでに5年、上場するのに10年くらいかかるのが普通です。エンジニアの方ならわかると思いますが、たとえ創業当時に最先端技術を採用しても稼ぎ始める頃には確実に陳腐化します。

以上の理由から稼いでるIT企業が技術力が高いとは限らない理由です。

稼いでる会社ほど属人性が低い

これは、IT企業に限った話ではないですが、稼いでる会社ほど属人性が低いです。
属人性という言葉を知らない人向けに説明しますと、属人性とはある業務内容が、業務を行う人のスキルや経験にどの程度依存するかという指標です。

簡単に言ってしまえば、稼いでる会社の業務ほど仕組み化が進み、誰でもできるようになっているということです。

高単価を出してくれるIT企業の業務ほど誰でもできるように工夫されているということです。
(もちろん誰でもできるわけではありませんが、人材の価値を最大限に引き出す仕組みが確立されているということです。)

よく属人性の話に関連してバス因子という話があります。

バス因子とは、出社途中にバスに轢かれて来られなくなった時に会社業務がストップしてしまう人材のことです。

稼いでいる会社ほどバス因子の割合が非常に数ないです。当たり前ですよね。

こういった企業に参画すると、高単価をもらえるだけではなく、体調不良や突然の事故などによりあなたが休んでも融通が効きます。

こういった理由からも、高単価案件=難しくて大変というのが幻想であることもわかるでしょう。

稼いでるIT企業ほど自動化が進んでいる

エンジニアとしてプログラミングをする最大の価値は自動化です。稼いでるIT企業ほど自動化が進み、日々の業務が効率化されています。
つまり、高単価案件=大変というのは幻想です。むしろ、高単価を出せない企業の方が決まり切った業務を人力でやらないといけないので大変です。

稼いでるIT企業ほど人材が豊富

稼いでるIT企業ほど人材が豊富です。人材にお金をかけているので優秀な人が数多くいることが多いです。
必然的に一人当たりの担当業務が少なくなりやすいです。
また、仮にフリーランスエンジニアとして参画してわからないことがあってもサポート体制が手厚いです。
裏を返せば、稼ぐのが下手な企業ほどブラック化しやすいです。自動化が進んでおらず、人材も不足しているので当たり前ですね。

まとめ

高単価案件は難しくて大変で選ばれた人にしかできないというのが誤解である理由です。

もちろん最低限のスキルや経験は必須ですが、高いから多く求められるわけではないということがわかるでしょう。

現在すでにフリーランスとして活動してるけどスキルが不安で単価を上げられないでいるという方は、ぜひ参考にしてみてください。

それでは!

The following two tabs change content below.

riri

25歳。 Twitter:りリー@ryudoi1 フリーランスとして働きながら、WINDII(ウィンディ)ではテックメディア事業や、受託事業を行なっています! フリーランスになるまでの過程は こちら

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP