プログラミング学習やフリーランスエンジニア情報を発信していきます。現役フリーランスエンジニア2人で運営してます!

  1. フリーランス

フリーランスエンジニアとして活動するならブログをやるべき3つの理由【全然違います】

最終更新日:2019/02/02

はじめに

私は、24歳でアルバイトからフリーランスエンジニアに転向し、現在月80〜100万ほど稼いでいます。

そこまでの過程はこちらにまとめました↓

【月100万】25歳非大卒がアルバイトからフリーランスエンジニアになった過程!

今回はフリーランスエンジニアとして活動する上でブログがいかに重要かをお話しします。

私はフリーランスエンジニアとして活動し始めてしばらく経ってからこのブログを開設したのですが、開設する前と後ではフリーランスエンジニアとしての活動の幅が全く変わりました。

ブログを書くのは正直しんどい時もありますが、もう少し早く始めていればよかったなと思っています。

そこで今回は私の実体験を踏まえながらフリーランスエンジニアがブログを書くべき理由をご紹介します。

ブログを書きたいけどめんどくさくてなかなか踏み切れない人はぜひ参考にしてみてください!

先に結論を書いてしまうと、フリーランスエンジニアがブログを書くべき理由は以下の3点です!

実績になる

コミュニケーション力がつく

お金が稼げる

それでは、一つずつ見ていきましょう!

実績になる

フリーランスエンジニアがブログを書くと、それだけで実績になります。
よく自分の知識をアウトプットすることで技術力を示すことができるというメリットばかりに目が行きがちですが、私が考えるメリットはそれだけではありません。
そもそもブログを運営するということ自体が意外と技術力が要ります。
エンジニアとして経験を積むとWordPressでブログを立ち上げるくらい難しくないと思ってしまうものですが、いざやってみるとドメイン取ったり、サーバ借りたり、アナリティクスいれたり色々やることがあるので意外とブログを運営するのは大変です。
そもそも先進的なIT企業でさえ、自信のホームページの管理に苦労している会社は少なくないです。
したがって、会社もサイト運営が難しいことはよくわかっているので、ブログをやっていることは大きな加点ポイントです。
アクセスをある程度稼いでいればかなり好感度高いです!

正直これだけで十分ブログをやるメリットがあるのですが、引き続きフリーランスエンジニアにブログを布教していきます!

コミュニケーション力がつく

ブログをやるとコミュニケーション力がつきます。

「文章書く力とコミュニケーションする力は別だろ!」

という言葉が聞こえてきそうですが、それは違います。

コミュニケーションと言われると一般的に会話を想像すると思いますが、エンジニアという職種に限定すれば、コミュニケーションの大部分は文章によって行われます。

チャットで質問するのは当たり前ですし、コードレビューをしたり、仕様をドキュメントとして残す時のコミュニケーションは文章で行われます。

ブログを運営していると1日数千文字、多ければ数万文字書く時もあります。したがって、ブログをやっていない人に比べて圧倒的なコミュニケーション力がつくのです!

ITエンジニアのスキルというとどうしてもプログラミング力に目が行きがちですが、この文章によるコミュニケーション力もかなり大事なポイントです。

お金が稼げる

最後にお金の話です笑ブログをやっていると稼げます!

またまた、

「いやいや、テックブログなんてたいして稼げないだろ!」

という声が聞こえてきそうですが、それは違います。(2回目)

確かにテックブログはアクセスを稼ぎづらく、アドセンスなどの広告を貼ってもたいして儲かりません。

しかし、ブログをやっているというだけである程度単価をあげることもできますし、仕事依頼が来ることもあります。

実際に私の場合当ブログを運営するのに使った時間は膨大ですが、意外と元を取っているという感覚です。

ブログで稼ぐというとどうしても広告収入などばかりに目が行きがちですが、仕事の幅を広げるという点ではテックブログはかなり稼げると思います!

最後に

以上が、フリーランスエンジニアとして活動するならブログをやるべき理由です。

最初始めた頃はアクセス数が伸びず大変だと思いますが、必ず報われる日がきます!(私の場合は開設3ヶ月目くらいで、ようやく続けてよかったと思えました。)

ブログを始めるか迷っていてなかなか始められない人はぜひこの記事がきっかけになれば嬉しいです!

The following two tabs change content below.

riri

25歳。 Twitter:りリー@ryudoi1 フリーランスとして働きながら、WINDII(ウィンディ)ではテックメディア事業や、受託事業を行なっています! フリーランスになるまでの過程は こちら

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP