プログラミング学習やフリーランスエンジニア情報を発信していきます。現役フリーランスエンジニア2人で運営してます!

  1. フリーランス

フリーランスエンジニアでいい案件を獲得できるかは担当ゲーです【エージェント】

最終更新日:2019/04/16

エージェント 担当
どうもフリーランスエンジニアのぞえです。
僕はフリーランスエンジニアの案件が途絶えないようにだいたい5社ほどエージェントに登録していて、10回ぐらい面談をした事があリマス。

今回は、それらの経験を経て学んだエージェントというより担当ゲーという話をしていこうと思います。

僕が使っているエージェントと、たまに徘徊するサイトはこちら。
エージェントは以下のところだとどこも大差無いので、2.3個は登録しておくのがオススメです。

  • レバテック
  • ITプロパートナーズ
  • ProSheet
  • MidWorks
  • Codeal
  • ギークス

エージェントは大差ない

先ほど僕の登録しているエージェントをご紹介しましたが、それぞれちょっとした特徴があるものの大差はなく、競争を産む為に、2.3個は登録しておくのがオススメです。

ざっと紹介すると、レバテックは業界最大手でまずは登録しておきたいエージェント。
ラインで担当とやり取りをするので気楽に仕事を探す事ができる。
プロシートはマージンがゼロでプロ向け。
MidWorks、ギークス、ITプロパートナーズはどれも大手といった感じです。

この5個のどれかを使えばまず、ハズレといったエージェントはありません。

以前僕が登録していたサイトでは2重マージンのところもあったのでご注意を。

エージェントではなく重要なのは担当

それでは早速エージェントで本当に重要なのは担当という話をしようと思います。
当たり前なのですが、自分にあった仕事を振ってくれるか、効率よく紹介しているかは担当によります。
エージェントの個人成績のグラフを見たこともあるのですが、個人によって業績が全然違いました。

まずは僕の実体験を元に一番微妙だった担当と最高の担当の例を紹介します。

A-STARで直面談だと思っていったらエージェントだったNさん

AーSTARで直面談だと思って面接にいった時にあったNさんが、一番イマイチでした。
まず、直面談だと思っていったので詐欺をされた気分だったのですが、Nさんのヒアリングが始まりました。
そして、Nさんはヒアリングを特にする事なく終了

Nさんは、後日僕のスキルシート、ポートフォリオだと案件を紹介する事が難しいのでポートフォリオを修正してください。
とGmail
を送ってきました。

A-STARの担当のBさん

BさんはA-STARの本社で直接面談を行った時に会いました。
A-STARはレバテックの面談の直後にいったのですが、Bさんは圧倒的でした。
Bさんとはプログラミング経験があるとのことで、面談の30分ぐらいで僕の話を元にポートフォリオを作成してくれました。
そして、どのような企業を紹介してくれるかを教えてもらい当日はそのまま解散。
なんと、当日中に紹介してもらえる企業を3件ほど提案してもらえました。

Gmailでやり取りをしたのですが、レスポンスもとても早かったです。
そして、なんと!気が利く事に、後日、一日で3件。案件の面談を設定してくれました。

どうですか?
どちらが担当になってくれた方が、自分の入りたい案件を紹介してくれそうかはすぐにわかったのではないでしょうか。
ここからは担当がイマイチだなーと思った時の対処法についてご紹介します。

担当がイマイチな時はどうする?

担当がイマイチなのに我慢して就職活動をしても、いい結果は得られないと思います。
ですので、もし担当がイマイチだったらすぐに手を打ちましょう。

運営の人に担当を変えてもらう

担当の人に直接言うのは気が引けると思いますが、運営会社に担当を変えて欲しいという旨を伝えれば、おそらくサクッとチェンジしてくれるはずです。
レバテックの場合はエントリーチーム宛てに連絡するなどです。

メールでも電話でもおっけーです。

レバテック
メール:[email protected]
電話:03-5774-1762

ギークス
https://geechs-job.com/contact

ミッドワークス
https://mid-works.com/contacts/personal

prosheet
https://prosheet.jp/

サイト下部お問いあわせ

担当の人に直接変えてもらう

別に担当の人に直接いってもいいよという方は直接いってしまいましょう。
もし、相性が合わないと思っていても、電話するのはやめて欲しい。
ラインで連絡はやめて欲しいなど伝えると、改善する可能性もあります。

エージェントを変える

担当の人と合わないのではなく、もしかするとそのエージェントとの相性が悪いかもしれません。
そういった時には担当をチェンジするのがオススメです。
例えば、ラインをしてくる電話をしてくる、しつこいなどと思う場合はエージェントの方針の可能性があります。

その場合は担当を変えても解決しないので、いっそのこと違うエージェントに登録してしまいましょう。
僕自身担当の人が気にいらない場合はすぐに新しいエージェントに登録していました。

そもそもイマイチな担当に当たらないようにするには?

エージェントで、担当がイマイチだということは時としてあります。
これは仕方ないのですが、先ほどご紹介したエージェントだと教育がしっかりされているので、そんなに大きくはずすことはないのかなあと思います。

まとめ

担当がイマイチだった場合は、できるだけ早めに手を打つことが大切です。
個人的には少しでも合わないなと思ったら、すぐに変えてもらったり新しいエージェントに登録するといいと思います。

僕は好奇心旺盛なのでいっぱいいらぬ担当の人と会いましたが、大手は少ない気がします。

  • レバテック
  • ITプロパートナーズ
  • ProSheet
  • MidWorks
  • Codeal
  • ギークス
The following two tabs change content below.

ぞえ

実務未経験から1年でフリーランスエンジニアになって給料が6倍になった男/アル中の記憶ない系/しかも190cmの巨人。今は週3勤務しながら@ryudoi1と当メディア運営中 詳細なプロフ ぞえのプロフィール!! Twitterアカウント Twitter 技術系の雑談や、質問の行える無料サロンもやっています。 windii social

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP